組織の拡大:経営で組織の拡大を弁理士が解説!



ブログトップ>カテゴリ:経営 >組織の拡大

2006年05月02日

組織の拡大2

組織が急拡大すると、いろんなひずみが出てくる、という話はときどき聞く。

例えば、神田昌典さんの

成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語


には、組織が拡大したときに起こるトラブルが書かれている。

トラブルを起こした最大の問題児は会社拡大の最大の功労者であり、かつ、前の会社からの友人だった・・・

その友人は確かに仕事はできた。だが・・・
数々のトラブルの原因だった。


組織を防衛するためには、最大の功労者を切ることがどうしても必要な場合がある。そうしなければ組織として成り立たないような場合だ。


たとえ、それで一時的に業績が悪化したとしても、社長がいる限り、いずれ回復するだろう。


この判断が会社を成長させるか、停滞させるかの鍵となる場合も多いだろう。


だが、上記の本に出てくるように会社にとって明らかにマイナスという形で出てくるケースはむしろ少ないのかも知れない。


社員数を増やしたにもかかわらず、業績が落ちてきていたら、組織崩壊の芽が出てきていないかチェックするべきではないかと思われる。


実績を出している社員、親友である社員がその芽である可能性も考慮して、冷静に現状を分析すると業績低迷の本当の原因がわかるものだ。


会社の発展よりも、自分の成功を中心に考える社員が出てくると組織としておかしくなるのではないか、と思われる。
firstrategy at 21:28│Comments(0)TrackBack(0)経営 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔