弁理士試験の勉強方法について:弁理士試験で弁理士試験の勉強方法についてを弁理士が解説!



ブログトップ>カテゴリ:弁理士試験 >弁理士試験の勉強方法について

2005年11月06日

弁理士試験の勉強方法について4

昨日はある懇親会に出ていたのだが、そこで感じたのは、成功した人のやり方をそのまま真似しても成功できる人は少ない、ということだ。

弁理士受験の場合でも、合格体験記を読んで、そのやり方を取り入れても、効果のある場合と、あまり効果の無い場合がある。

効果の無い場合は、さらっと書いてある部分を実行していない場合がある。

例えば、
私は○○に力を入れて一生懸命やりました。ただし、△△もやったので余計に大変でした。

と書いてあった場合、○○だけを取り入れても駄目で、△△も同時にやって初めて完全な効果が出る場合がある。

他人の体験記は全ての要素が書かれていない場合もある。筆者があまりにも当たり前と思って書いていない等の場合だ。

体験記のベクトルを全て足すとゼロになる、と正林先生も昔言っていたが、全体として効果のある方法でも、他の方法とミックスすると効果が弱くなるものがある。

例えば、速読と音読を同時にやるのは効率がよくない、といったようなことだ。

こういうノウハウは実際にやってみないとわからない。やってみて不都合があるときに、自分なりに工夫してみて、自分なりの勉強方法を確立できるとよい。

体験記に書いてあるやり方でうまく行った場合はよいが、そうでない場合は、何が足りないのか、体験記を読み直し、自分なりの工夫を付け加えることで、より有効なやり方が見つかることがある。
firstrategy at 09:56│Comments(2)TrackBack(0)弁理士試験 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 日下泰男(ロバビジ)   2005年11月07日 22:06
土曜日はお世話になりました。

ランキングは参加されていないのですか?
またお邪魔します。
今後ともよろしくお願い致します。
2. Posted by firstrategy   2005年11月07日 22:31
ランキングは参加していません。
そろそろ参加しようかと考えています。
結構検索で上位表示されるので。

今後ともよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔