新人教育:知財で新人教育を弁理士が解説!



ブログトップ>カテゴリ:知財 >新人教育

2005年10月04日

新人教育

新人の知財実務に関する教育を始めたのだが、やはり難しい。
どこから教えていくか順序が問題だ。

ただ、知財の勉強が楽しそうなので教えがいがある。

とりあえず明細書と中間処理から教えるのがよいだろう。
気長に特許、知財全般の知識を教えていくことになるので、on the job trainingでやっていけばいずれモノになるだろう。
firstrategy at 18:34│Comments(1)TrackBack(0)知財 | 教育

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Manhattan Ephedra Lawyers   2006年11月05日 18:10
5 Just thought I'd make a note about a problem!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔